お申し込み・お問い合わせフォームが不通です。こちらをクリックして直接メール送信ください。

思考は現実化するからこそ、より良い未来を創造しよう

目次

なぜ思考は現実化するのか?

思考が現実化するしくみはこちら

言葉や思考が「脳」に司令を出す(脳はとても優秀)

  ⇩

言葉、思考どおりに行動する

  ⇩

言葉、思考が変わると自分の行動が変化する
  ⇩
行動が変わると環境や周囲の人間関係も変化する
  ⇩
世界が広がるので選択肢も増える
  ⇩
自分が「思い描いた未来」を創り出すことができる

自分の思考が現実化するのなら、、、
『前向きなポジティブな思考』を持っておいたほうがいいの?

もりかおり

ポジティブ思考だけがいい!と言うわけではありません。

▼ポジティブ思考の都市伝説(あわせて読んでみてください)

note(ノート)
メンタルの都市伝説に惑わされるな|もりかおり|スポーツメンタルコーチ タイトルは少々ショッキング? 「ポジティブはいい」「自信を持て」「モチベーションを上げろ」 「マイナス思考はダメ」「メンタルが強いといい」「緊張したらダメ」 「ネ...

ネガティブもポジティブもあるのが人間の感情

ネガティブがあるからこそポジティブがあります。
ネガティブが存在しなければポジティブという言葉自体が存在しないんですよね。

ネガティブは「悪者」扱いされていますが、いい部分もあります。
それは「反省」ができること、「慎重」「熟考」など。
反省によって改善できたり対策を考えることができますよね。

また、ポジティブ思考の落とし穴は
ネガティブに陥った時に、立ち直りが遅いと考えられます。

だからこそ、「ポジティブアスキング(前向きな問いかけ)」と「リカバリー力」をつけることが必要です

自分の言葉、思考を認識する

自分の使っている言葉、思考。
どんな言葉を使っていて、どんな思考をしているか認識できていますか?

私たちの使っている言葉、思考は無意識の部分がとても多いのです。
(下図参照)

水面から出ている部分が「意識・顕在意識」で5~10%、
水面に隠れている部分が「無意識・潜在意識」で90~95%です。

言葉選び・思考が無意識領域で行われている割合がとても大きいですよね。
口癖・思考の癖・思い込み・固定概念が「無意識領域」に蓄積されています。

言葉や思考を変えていく方法

・メンタルコーチなどメンタルの専門家と一緒に変えていく
 メリット:専門家の知識によりスピーディー、無意識領域のことがわかる
 デメリット:費用が必要

・独学(本やセミナー受講)でやってみる
 メリット:自分のペースでできる
 デメリット:続かない、時間がかかる、費用が必要

独学が続かない理由は、【脳はエコ仕様】だからです。
脳はとても優秀ですが、慣れないことや しんどいことはやりたくない。
そのため続かなくて止めてしまうことが多いんです。

上記の二通りのうち、専門家のコーチングを受けたほうが
スピード感があり、費用も抑えられます。
(意外かもしれませんが、独学のほうが費用がかさみます)

私は体験コーチングを随時実施しております。
コーチングはこんな感じ、と体験していただけます。
また、コーチとの相性は大切ですので、それもご確認いただく意図もあります。

あわせて読みたい
体験コーチングについて 【体験コーチング(初回のみ)】 メンタルコーチングにご興味を持っていただき、ありがとうございます。 コーチングは馴染みが低く、特別な人が受けるもの…といった印象...

うまくいかないことでお悩みがあれば、言葉や思考を変えると必ず変化します。

もりかおり

メンタルの専門家である私と一緒に望む未来を創りましょう!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます(^^)

脳科学を利用したメンタルコーチングでもっと詳細に、
マンツーマンでトレーニングしていけます。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

スポーツメンタルコーチ もりかお...
404: ページが見つかりませんでした | スポーツメンタルコーチ もりかおり丨可能性を信じ《望む結果》にふ... スポーツメンタルコーチ もりかおり丨可能性を信じ《望む結果》にふさわしいメンタルをつくる | モチベーション、自信、緊張などメンタルの心配を解消して競技に集中でき、...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アスリート、スポーツ選手、スポーツをされる人には
スポーツメンタルを身に着けよう。
スポーツメンタルコーチングで言葉、思考、捉え方を変えられます。

自分をもっと輝かせるために
少しでもご興味のある方はお問い合わせください。

また、自分に体験コーチング必要かな?
こんな風に思っている方もまずはお話してみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次