『うなぎと梅干し』はよくない? | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

『うなぎと梅干し』はよくない?

栄養 2020年06月12日

Last Updated on 2020-07-26 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

昔からの言い伝えで【食べ合わせ】について言われています。
いま、栄養について勉強しているのですが、その食べ合わせについて疑問に思った食材があるので調べてみました。

『うなぎ』と『梅干し』は食べ合わせがよくない?

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

『うなぎ』のビタミンB1には”抗酸化作用”があります。→疲労回復
『梅干し』の”クエン酸”にも抗酸化作用があり、疲労回復に効果があります。
そして”クエン酸”効果で梅干しには食欲増進の効果も。
(うなぎの蒲焼きの匂いでも食欲増進効果はアップされますよね。)

また、梅干しが胃酸の分泌を促すので、うなぎの消化にも役立つと思うのですが…。

どうして「よくない」って言い伝えが?

『梅干し』の酸っぱさで食欲が促されて高価な『うなぎ』を食べすぎるのを防ぐため、そう言い伝えられていたそうです。(諸説あり)

栄養としては、互いにいい効果を出す『うなぎ』と『梅干し』。
まさか、食べ過ぎを防ぐための言い伝えだったとは…。

土用の丑の日に「うなぎの蒲焼き」がたくさん売られるのにも、夏の暑さの疲れを回復!という意味があるのですね。
一緒に梅干しも用意して効果アップです。