スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

限りある時間を大切に活かそう

メンタルコーチング 2019年07月29日

最終更新日

1年間は時間に直すと

8760時間あります。

その中で睡眠時間は(1日6,7時間とすると)

約2500時間。

競技をしたり、練習・稽古したり、学校に行ったり、仕事をしている時間は

約2000時間。

残りの時間は?

約4000時間…。

食事、入浴、移動、趣味、娯楽…。

(ジムで自主的にトレーニングされている方もいるかも。)

この残りの時間の使い方がとても大事です。

スポーツ選手ならなおさらですよね。

残りの時間、どんな風に過ごしていますか?

どんな食事をとっていますか?

移動中、

イメトレできますよね?

読書できますよね?

試合相手の分析をすることもできますね?

体に負担のかかる姿勢になっていませんか?

競技以外の時間で自分のプラスになることを探す

なんとなくやっていることや、日常生活でも競技につなげることができるかも。

練習・稽古以外の時間で

ライバルと差をつけることができたらどうでしょうか?

練習・稽古以外の時間で

周りと差をつけるのがトップアスリートと言えるのではないでしょうか。

競技している時間、練習・稽古している時間だけが

努力する時間だと思いこんでいませんか?

それだと時間が少なすぎますよね?

この盲点とも言える時間をどう使えるか、

どうしたらいいかを考えてみましょう。

もちろん、プライベートの充実があってこそ競技に集中できるのは

言うまでもありません。