間違えたときは、「ごめんなさい」しよう | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

間違えたときは、「ごめんなさい」しよう

メンタルコーチング 2020年08月21日

Last Updated on 2020-08-21 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

誰しも間違い・誤りをした経験があると思います。
例えば、会話である言葉の意味を違って使っていた場合とか。
最近ではSNSで「どういう意味だろう」と思うこともあります。(誰かの発言への返信だとトラブルになることも…)

大人になって…誤りを取り繕うことってないでしょうか?
自分の誤りを認めたくない、誤ったら負け、知らないと思われたくない…と考えて取り繕うことがあります。

一度取り繕うと、どんどん上塗りしていくこともあります。
また、「誤っていた」と言い出せずに自分で自分を苦しめることにも。
そして、相手の方と気まずい空気になることもありますよね。

そうならないためにも、自分が間違えたり・誤ったりしていたらそのことを認めて一言。

「ごめんね」

これで気まずい空気も遺恨も残しません。

【素直さ】を持つこと。
メンタル的にも素直さを持つ人は最強です。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。