過去のいわゆる「呪い」、いつまで引きずりますか? | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

過去のいわゆる「呪い」、いつまで引きずりますか?

メンタルコーチング 2021年02月08日

Last Updated on 2021-04-08 by kaorinco19

皆さんは、自分にはどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていただきます。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

『呪い』とは、「思い込みの押し付け」です

親や周りに「女の子なんだから●●しなさい」とか「●●なんだから」と言われて育った人、多いと思います。

そんなやり取りは昔からよくありますね。
「呪い」をかけられて育ってきた、なんて言う人もいます。
言われた本人にとっては「呪い」なんでしょうね。
「呪い」とは、「思い込みの押し付け」です

悪気はないのかもしれないけど…

言った側にとっては呪いをかけようと思って言ったのでも何でもなく、「あなたのことを思って」とか「私もずっとそう言われていたから」という理由だと思うんです。男とは、女とは…とか。
その人にとっては、その考えがBESTだった…のでしょう。

現代において、自分の考え方や価値観を人に押し付ける、勝手な決めつけなど、止めてほしい行為ですよね。そういう人とは距離を置きたくなります。

そう、代々受け継がれているもの?

私は「呪い」という言葉で表現するには抵抗がありますが、便宜上使いますね。
例えば、お母さんから「呪い」をかけられたという人。
そのお母さんもおばあちゃんから「呪い」をかけられた。
おばあちゃんも ひいおばあちゃんから。エンドレス…。

代々の中で不思議だと思わずに、それが当たり前だと思われ、語り継がれているもの。(世の中の「●●でないとダメ」は過去の慣習です)

お母さん、おばあちゃん世代だとおかしいと思っても屈するしかなかったり、世間体のことを考えたり。
そして、やっぱり「呪い」の言葉を繰り返していく…。

それを「なにかおかしい」、「言われて嫌な言葉は、もはや呪い」と気がついたあなたは、偉いと思います。
そして、それを声に出せるのも すごいこと。
(おかしいと思っても言えなかったり、そのまま従う人も多いです。)

あなたができること

・「呪い」をあなたから拡散しないこと。

・周りの友達が「それ呪いじゃない?」に苦しんでいたら話を聞いてあげる。


・「呪い」をバネに自分自身を認めてあげられるよう、強さを持つ。


・お母さん達など「呪い」を言う人には、対処呪文を。(コーチング手法です)
「●●じゃなきゃダメ」に対し、「どうしてダメなの?」と聞いてみる。
対話は時間も労力もかかります。


・「呪い」を言う人から離れてみる

そういう私も「呪い」のような言葉を受け続けて育った。だからこそ、【これからは自分を生きる】

『自分に自信がなく、周りと比較ばかりして愚痴っぽい。』三拍子揃ったこの性格を変えたくて、変わりたくても変われない日々でした。

親からの「呪い」は強烈に心に刺さります。
「呪い」のせいで窮屈で悲しい思いをしている人もいると思います。
だけど「呪いのせいで…」と言っても仕方のないこと。
「ゴメンね」と返事があれば浮かばれますが、言った本人は気づいていないのですから。(その人にとっては、その考えがBESTだった…)

あなたの傷を今よりも深くするよりも、その傷を昇華(消化)させることを考えませんか?
こんな「呪い」受けたんだよね…といつまでも話しているだけ?
いつまでも言い続けますか?

自分自身が自由に、何も縛られることなく、あなた自身を表現できますように。

過去の自分を癒すことも大切です。
後ろばかりを見ているより、前を向きましょう。

過去にこだわっていても、明日は来ます。
未来を見ていても、明日は来ます。
どちらの明日を見たいですか?

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。