自己紹介(うつ~スポーツメンタルコーチまで) | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

自己紹介(うつ~スポーツメンタルコーチまで)

メンタルコーチング 2021年04月11日

Last Updated on 2021-04-11 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

私がなぜスポーツメンタルコーチとなったのか、ということをぜひ聞いていただきたいです。
ずっと私は、自分のことが嫌いだったんです。
過去の家庭環境や学生時代のイジメの経験もありました。

「自分に自信がもてない」、「人と比較ばかりする」、「愚痴っぽい」など…。
そんな性格がイヤだったからです。

そのため、人間関係ではとても苦労していたんですね。そして、ある日、うつになりました。
うつの時、どうにか今の状況から抜け出したいと、いろんなことをしました。
しかし、やればやるほど空回りしてしまいます。
「自分だけが上手く行かない」、「私はダメな人間だ」とどんどん卑屈になっていく日々でした。

誰とも会いたくない、外に出たくない。そんな状態でした。

心療内科に通院もしていて、ある日病院やお医者さんに不審感を感じて、通院をやめたんです。
というのも、診察で「最近どうですか」って聞かれるんですけど、うつなので、基本ネガティブなことや愚痴しか言わないんですね。

それを聞いた先生は「それは、もりさんが●●だからじゃないんですか」と否定的だったり、批判されるような、ダメ出しされてる気がしました。

自分の思ってたのとなんか違う、『もっと寄り添って話を聞いてくれるんじゃないの?私ならそうするのに』って疑念を持ちました。
その後の診察でもそんな感じだし、だけど薬だけは順調に増量されるんです。
「こんなことを続けていたら、いつまで経っても治らないんじゃないか」という、うつとは違う不安が出てきて、通院を止めたんです。

しばらく自分で薬のコントロールをしながら、どうにか自分自身が変わりたい、もっと良くなりたい、と思っていたのですが、何をしたらいいのかわからない、自分なんか何もできない、変わりたいけど変われない、とモヤモヤは続いていたんです。

当時は、会社員をしていましたが、人間関係の悪化による退職をしました。
それからは、本当に自分が変わらないとダメだと、ある意味覚悟ができて、西洋占星術などの勉強をしました。

うつ以降に、いろいろやって空回りもしたが、得たものはたくさんあって「まずは自分自身を整えることが大切」ということがわかったんです。
そしてメンタルの勉強をはじめました。
それからは、私の嫌だった性格が少しずつマシになってきて、自分のことも肯定することができています。

そんなとき、スポーツメンタルコーチという仕事を知る出来事がありました。
大相撲の元豪風、現在の押尾川親方がSNSでスポーツメンタルコーチの鈴木颯人さんの本を紹介されていました。

お相撲好きな私は、すぐに読みました。
読んでみて、「これなら私も変れるかもしれない」と、鈴木さんのコーチングを学んだんですね。
実際、いい方向にすごく変わったと思います。

うつのときに、好きなお相撲とスポーツから生きる勇気をもらいました。
【スポーツをしている人の夢のお手伝いをしたい】
スポーツをしていない人でも
【以前の私のように変わりたくても変われない】
【自分のことが嫌いだと思っている人の役に立てるのではないか】
と考えて、現在、スポーツメンタルコーチとして活動しています。

うつの経験ですごく辛かったですが、すべて今への過程、必要なことだったんだな、無駄なことは一つもなかったな、と思っています。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。