自己実現のために必要な道すじ。『マズローの欲求5段階説』から | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

自己実現のために必要な道すじ。『マズローの欲求5段階説』から

メンタルコーチング 2021年03月01日

Last Updated on 2021-04-14 by kaorinco19

皆さんは、自分にはどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていただきます。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

上の図は『マズローの欲求5段階説』です。
ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもですね。

人間の欲求は5段階に分かれていて、上に行くほど自分の努力が必要なものです。

『生理的欲求』…食事、睡眠など基本的な生命を維持する欲求です。
『安全の欲求』…安心で安全に生活したいという欲求です。
この2つの欲求は、日本に住んでいると満たされているのではないかと思っています。
(例外の問題もありますが…)

『所属と愛の欲求』…集団・組織・家族などに属し、自分を受け入れてほしいという欲求。
『承認の欲求』…社会の中で認められたい、評価されたいという欲求です。
この2つの欲求(上図の濃いオレンジ部分)が満たされると、人はその上の『自己実現の欲求』を目指し、努力します。

『自己実現の欲求』…自分の目標を達成したい、自分らしく生きたいという欲求です。

最終的には、『自己実現の欲求』を目指して頑張る、下から順に段階を踏んでいくことが必要です。
一段飛ばし、二段飛ばしでいきなり『自己実現の欲求』にはたどり着けませんよね。

スポーツでも、仕事でも結果を急ぐばかりに『自己実現の欲求』を手に入れたい、と考えがちです。(私もそんなときもあります)
ただ、途中を飛ばして『自己実現の欲求』にたどり着いたとしても、土台がグラグラだったりすると、どこかで崩れてしまいそうですよね。

また、自分という人間のことを考えてみるといかがでしょうか?
私はうつ だった経験もあり、私自身の『所属と愛の欲求』がガタガタでした。
「自分に自信がない」、「人と比べるばかり」、「私なんか…」って思っているのでは、『所属と愛の欲求』は満たされませんよね。
(いま振り返るとそう思います)

人から受け入れられるには、まずは自分の『所属と愛の欲求』を満たしてから…ということなんだなぁ、と思いました。

組織、チームの上に立つ上司や指導者の方も、自分自身がどこの段階にいるのかを知り、そこを満たせるとメンバーのその段階も満たすことができるのではないでしょうか。

順を追って、段階を踏んで一歩一歩『自己実現の欲求』にたどり着きましょう。

一つ一つ問題をクリアにしていく、そのお手伝いをさせていただきます。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。