自分の機嫌は自分で取る方法 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

自分の機嫌は自分で取る方法

メンタルコーチング 2021年01月14日

Last Updated on 2021-01-14 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

不機嫌より機嫌がいい(上機嫌)のがいいですよね!

不機嫌になるメカニズムって人それぞれ。さっきまで上機嫌だったのに何かのきっかけで不機嫌になってしまうこともあります。

私も会社員時代は『不機嫌がデフォルト』みたいになってて、いつも不機嫌だけど、たまに上機嫌になる、って感じの時期もありました。
(いま思うと、周りの人ごめんなさい💦「穴があったら入りたい」)

不機嫌を上機嫌にするには、『自分で自分の機嫌を取る』のが一番です。
「人に自分の機嫌を直してもらう」のを待っててはダメダメ。

・お気に入りの何かを持とう。
音楽、絵、写真、本、食べ物、場所…など。
できれば複数あるといいかもしれません。
「この音楽を聴くと機嫌が良くなる」毎回そうとはかぎりませんよね…。

・他人に期待しない、社会に期待しない。
人(社会)への期待度が高いと、望んでいた結果や答えが帰ってこなかったら「ガクン」と不機嫌になる原因です。
子どもの試験結果に(勝手に)期待してて思ってたのと違っていたら…とか。
期待よりも応援してあげましょう。

・気分をリセットするルーティンをつくる。
イライラ、モヤモヤしてきたら洗面所で鏡を見る、スマホのメモ帳に書き込む、ノートに書きなぐる、うがいをする…など。
自分なりに「やばい」と思ったときに行う行動をルーティンとして作ってみるのはどうでしょうか。

・とりあえず口角を上げる
「As if(アズイフ)の法則」とは、感情よりも行動が先にあり、行動によって感情が生み出される、という考え方。
「楽しいから笑う」ではなく「笑うから楽しい」
「悲しいから泣く」ではなく「泣くから悲しい」
ムスッとしているとだんだん感情も暗く沈んできます。とりあえず口角を上げましょう。そうするとだんだん表情もほころんできて、心も軽くなってきますよ。

機嫌がいい人には人が集まってきますし、機嫌の悪い人には人が離れていきますよね。
いつも人に囲まれている、って人を観察してみるとニコニコしている人が多いです。

自分の機嫌を取る方法を考えてみました。自分なりの方法を持っていると便利ですよね。
あなただけの方法を考えてみませんか?

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。