耳が痛い言葉は、自分の弱いところ。図星だったり。 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

耳が痛い言葉は、自分の弱いところ。図星だったり。

メンタルコーチング 2021年03月20日

Last Updated on 2021-04-07 by kaorinco19

皆さんは、自分にはどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていただきます。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

人と話をしていて『ムッ』とすることありますよね?
またはSNSの言葉を見たりしたときに『えーっ』って思ったり。

「そんなことないよ」って反論したくなったり、イライラすることもあります。

そんなときって、【自分の耳が痛いこと】を言われていたりします。

私も最近、人と話していて「それって自己満足じゃん?(意訳)」って言われたんですね。
それを聞いたときは「えー!なんでそんな風に言うのー。プンプン」だったんです 笑

どんな内容だったか、と言うと…。
セミナーの練習をしていて、最後に音楽を入れているんですね。
その音楽が私の好みで選んだもの、なんだけど、セミナーを聴いてる人に合わせて音楽を選んでいない、ってことに気づいたんです。

歌詞が良いとか、好きなアーティストだから…って完全に私の好みでした。
しかし、私のセミナーではあるけど、誰のためのセミナーなのか…ってことを見てなかったんですね。

最後のまとめにその音楽だと…
『音楽の方がメインになって、まとめを聴くよりも音楽に集中してしまいそう』だな、と。

こんなふうに、人と話していて【自分の耳が痛いこと】を言われるのって、『自分が弱い部分』『思い当たる節があること』だったりします。

合わせて読んでみて↓

そんな指摘をしてくれる人は貴重な人。
耳の痛いことを言われて、最初は素直に聞けないかもしれなけど考えるキッカケをくれているのですね。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。