木を見て森を見ず、その逆も大事 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

木を見て森を見ず、その逆も大事

メンタルコーチング 2021年02月11日

Last Updated on 2021-02-11 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

本日お伝えしたいことのまとめ

・小さいことばかりでなく、全体を俯瞰して見る
・木を見て森を見ず 逆に 森を見て木を見ず も起こりうる

『木を見て森を見ず』とは
「小さいことに心を奪われて、全体を見通さないことのたとえ」です。

この諺を考えてみることがあります。
会社組織、学校、クラス、スポーツ、チーム、人間関係…において小さいこと(木:個人)にばかりに気を取られて注力するあまり、組織・チーム・グループに歪みが生じることはないでしょうか?

また、逆に『森を見て木を見ず』ということも起こりうると思います。
チーム全体を纏めることを気にするあまり、個人個人を見ていない…。
小さな悩みを聞いてみると、もっと大きな悩みだった…。
チーム全体としてはバッチリでも、個人レベルでは無理していて限界がきた。

木も森も両方見ることができるのが上司・教師・監督など上に立つ人の務めですね。もちろん、コーチである私もそれに含まれると思っています。

俯瞰する目も、細部を観察する目も両方が大事ですね。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。