スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

捉え方の違いで…

メンタルコーチング 2019年12月05日

最終更新日

本日お伝えしたいことのまとめ

・起こったことの捉え方で感情が変わる

・ネガティブな感情を感じてもOK、その後ポジティブに変換しよう

ポジティブを感じると幸福感が増す

想像してください。

ある晴れた昼下がり、あなたが銀行で手続のためソファーで待っています。

「●●さーん」と呼ばれて窓口に向かうため立ち上がったとき

銀行の入り口から怪しい人影。サングラスにマスク、帽子をかぶっています。

足早に窓口に向かい、「金を入れろ」と袋を渡しています。

周りの人たちはキャーキャーワーワー!とパニックに陥っています。

「うるさーい!」

逆上した強盗はあなたの腕を拳銃で撃ってしまいました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腕を負傷したあなたはどう思いますか?

・明日予定があるのに

・くそっ!なんて日だ

・他にも人がいるのになんで私が?

といったネガティブな感情。

・撃たれたのが子供やお年寄りじゃなくてよかった

・死亡者がいなくてよかった

・命が助かってよかった

といったポジティブな感情。

もちろん、怪我をしてるんですからすぐにはポジティブに考えられないでしょう。

まずはネガティブを感じるでしょう。

どんなにポジティブな人ですらネガティブな感情を感じるのですから。

その後、この出来事をどう捉えられるかで変わってきますよね。

ポジティブな感情に変換し、(自分は不幸中の幸いだったと)考えることができれば

幸福感が増すのではないでしょうか。

幸福感=感謝=成功につながります

本日お伝えしたいことのまとめ

・起こったことの捉え方で感情が変わる

・ネガティブな感情を感じてもOK、その後ポジティブに変換しよう

ポジティブを感じると幸福感が増す

お読みいただいてありがとうございます。 コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。