スポーツメンタルコーチ・もり かおり|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり かおり

感情を「コントロール」よりも『消化』する

メンタル 2022年03月16日

Last Updated on 2022-04-21 by kaorinco19

コーチングでは脳の働き、脳科学の観点からもお伝えしています。

プロフィールはこちら

「コントロール」とは統べる、収拾、抑える、支配する…という意味です。

『感情をコントロールする」ということは
感情を統べる、感情を収拾する、感情を抑える、感情を支配するということですね。

なんだか違和感を感じるのは私だけではないかもしれませんね。
コントロールには…「押し込める」ニュアンスが強いのです。

実際、「感情”に”コントロールされる」ことのほうが多いですよね。
例えば「悲しみ」の感情が湧いた時に「悲しみをコントロール」したつもりが、ある時に思い出して落ち込んだり。涙に暮れたり。
「抑圧された感情」に自分自身がコントロールされているからですね。

経験がある方もいらっしゃるのでは?

そもそも感情はコントロールできません。
コントロールしたつもりが感情にコントロールされているのが現状です。

怒りなどの感情をコントロールしようとするのは無駄である。

感情は「排泄物」なのだ。

「排泄物」を操作しても何も変わらないだろう。

心理学者 アルフレッド・アドラー

「感情をコントロールする」よりも
「感情を持ち越さない」「感情に囚われない」「感情を消化する」
が正しい感情の扱い方ではないでしょうか。

そのためには【その時の感情を感じきる】ことが大事です。
感情を感じきることは、トレーニングで習慣化できます。

コーチングは目標設定だけではありません。
自分の感情の取り扱い方、無理のない方法を対話から探っていきます。

ご興味のある方はぜひお問い合わせお待ちしております。

お読みいただいてありがとうございます。

公式LINEあります⇓オトクな情報発信中です✨

友だち追加