脳は省エネしたい | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

脳は省エネしたい

メンタルコーチング 2021年01月10日

Last Updated on 2021-01-10 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

本日お伝えしたいことのまとめ

・脳は体全体のエネルギーの約20%を消費
意識的に考えながらしている練習を無意識に
無意識化でメリットも
無意識に落とし込むには、1万時間ルールなど

人間の脳は、体全体のエネルギーの約20%を消費

約20%というと結構多くのエネルギーを消費していますね。
(へー、そうなんだー、程度でOK 笑)

私達は生活する上でいろいろなことを考えたり、行っています。(顕在意識=意識)
ただ、考えなくてもしていること(できていること)ってありませんか?(潜在意識=無意識)


下の図のように、人間は意識的(顕在意識)で考えたり行動しているのは10%、
無意識的(潜在意識)で考えたり行動しているのは90%と言われています。

意識的→無意識化への変化

普段の生活では、どんなことを無意識にやっていますか?
・起きたら顔を洗う
・食べたら歯を磨く

など。

スポーツをしている人だと、どんなことを無意識にやっていますか?
・基礎の筋トレ(毎日の繰り返し)
・練習前のウォーミングアップ
︙(それぞれの競技で考えてみてください)
など。

反復して行う事柄(毎日決まってやってること)は、脳は「生きる上で大事なことだと認識」します。

記憶の自動化(無意識化しようとする) 

繰り返しやることで記憶が強化されて、無意識にできるようになる



無意識にできる。当たり前になる



ゾーンに入る(ゾーンに入るとは?こちら

今は意識的にその練習・稽古をしていても、無意識にやっているように、考えなくてもできるようになると理想的です。

無意識化のメリット

貴重な20%のエネルギーを有意義に使うために、脳は【省エネ】しようとします。
意識的にやっていることを無意識化することで省エネは達成されます。

無意識化でのメリット
・脳の疲労状態の緩和
・別のことに意識を集中できる
・新しいことにチャレンジする気持ちが生まれる

「無意識で出来るまで落とし込め」と指導されることがあるかもしれませんが、このような理由があるのです。

どうしたら無意識にできるようになるのか?

いろいろ方法はありますが、よく巷で言われるのが、『1万時間ルール』です。

その練習・稽古を1万時間続ける。
例えば、空手の形なら、その形を1万時間繰り返し稽古する…。というもの。

ただし、好きなことに限ります。
好きでもない練習を同じ時間続けても結果は変わらないです…。

体全体のエネルギーの約20%もを消費している脳。
その20%のエネルギーをどのように使うかで様々なメリットが生まれます。

本日お伝えしたいことのまとめ

・脳は体全体のエネルギーの約20%を消費
意識的に考えながらしている練習を無意識に
無意識化でメリットも
無意識に落とし込むには、1万時間ルールなど

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。