差し迫ったものには、『演じる』ことで効果を出そう | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

差し迫ったものには、『演じる』ことで効果を出そう

メンタルコーチング 2021年04月29日

Last Updated on 2021-04-29 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。
香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

目標とする選手、あこがれの人を「真似る」ことでそこに近づく…という効果があります。
心理学では「ミラーリング」といいます。

「ミラーリング」とは少し違うけど、『自分の理想とする姿』『必要なスキル』『求められる像』を【演じる】ことについて。

チームワークが求められるような場面、は多くありますね。
会社、スポーツチーム、学校…など。

そこで自分の役割を考えて、(たとえ自分が望まないにしても)演じることでクリアすることができるのだと思います。(もちろんそればかりでは、後々苦しくなるのですが…)

差し迫った何かがある時(試合、試験、チームなどが一丸とならなければいけない時)には、とりあえず自分の役割を演じる、求められているものを演じる、ことでかなりの成果が出せると考えます。

ここでお話している【演じる】とは、上の図の「行動」の部分です。
本来でしたら、「セルフイメージ」を特定して、その捉え方を変えて円の外側に向かっていく方法をとっています。

ニューロ・ロジカル・レベルの解説は⇓をご覧ください

この「行動」をいきなり変えるのは”急場しのぎ”です。
なぜなら、自分の「セルフイメージ(思い込み)」は変化していないので根っこは変わっていない、ということだから。
そのため、これをずっと続けているとしんどくなって、苦しくなってくるんです。

しかし、上にも書きましたが、差し迫った試合・試験などがある場合は、乗り越えることが急務だと思うんですよね乗り越えるために【演じる】

もちろん、その試験・試合を乗り切ったあとで「セルフイメージ」から順に円の外側に向かうコーチングを行います。

皆さんにもそんなこと、ありますよね。
コーチングを受けて根っこから変えるには時間が足りない…。
そんなときには、”急場しのぎ”の【演じる】をオススメしたいです。
どういうふうに【演じる】のか、それがわからない場合は、ご相談ください。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。