スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

体験コーチングのご感想:親御さん

メンタルコーチング 2019年07月19日

最終更新日

好きなスポーツを楽しんですること、ワクワクしながらプレイすること、

このような内発的動機を大きく持つことが継続するコツです。

今回は、

部活動でサッカーをされているお子さんをお持ちの親御さん(お母様)への

メールコーチングでした。

小学校から中学校に上がると、他の校区からの子供たちとも一緒になります。

3,4校くらいの小学校が一つになるので、部活動でもメンバーが増えますね。

一緒に頑張る仲間も増えますし、ライバルもできるのではないでしょうか。

ご相談のお子さん(Y君)はゴールキーパー。

同じポジションには、もう一人(A君)がいます。

現在はA君が試合に多く出ている状態です…。

少し諦めの気持ちから落ち込んでいるそうです。

Y君の目標は『スタメンに入りたい!』

Y君の話では、

・自分の判断が必要な場面で慌ててしまう

・周りが見えていない

ことを挙げています。

今回はお母様からY君へ伝えていただく方法と

お母様自身へのコーチング、をいたしました。

◎「思い込み」の話

◎話している途中でY君の答えを待ってあげること

(考えることが大切なので、答え・ヒントは控える)

◎Y君なりの答えが出たら、それに対してのリトルステップを決める

(小さなことでも続けられる小さな事を自分で決める)

◎お母様からの言葉

◎声掛け・褒めること   など

お子さんへのコーチングで

「目標にふさわしいメンタル」というのが分かりづらい場合もあるので、

そのときは、お子さんの好きな選手、こんな選手になりたい、という人を聞いて

「○○選手だったらこの目標についてどう思うかな?」と

問いかけてあげるとイメージしやすいかもしれません。

また、お子さんの場合、親御さんの言葉にすごく影響を受けます。

もちろん、部活の顧問の先生の影響もあると思います。

ご家庭でのちょっとした声がけ、言葉で変化が起こると思います。

ネガティブな言葉を使わない

怒る、叱ることは不要。

褒めることがとても重要。ただし、結果を褒めるだけでなく過程を褒める。

親御さんにも、お子さんにも、ぜひ実践していただきたいのが

『ポジティブアスキング』です。

また、

『モチベーションを上げる9つの魔法』についても取り入れていただきたいです。

さて、リトルステップを毎日継続していき習慣化されたら、

次の小さなステップを設定する…。

その繰り返しでステップアップしながら目標に近づいていくイメージです。

今後、Y君のステップアップを見守っていただけたら、と思います。

お母様からいただいたご感想を紹介させていただきます。

こちらこそ、ありがとうございました。

私も同世代の子供がいますので、お母様の気持ちがわかりました。

心配のあまり、多く口を出してしまうと言われていたのも

私も一緒です😅

メールのやり取りで私もたくさんの気付きをいただきました。

ありがとうございました😊