中田英寿さんのエピソードから。ミスに罰を与えると何を生むか | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

中田英寿さんのエピソードから。ミスに罰を与えると何を生むか

メンタルコーチング 2021年03月21日

Last Updated on 2021-04-11 by kaorinco19

皆さんは、自分にはどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていただきます。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

中田さん、中学生の頃から抜きん出ていますね!さすがです。

指導者が選手のミスや試合に負けたことに対して罰を与える、というのはよくあります。
また、スポーツに関して以外でも、学校で生徒に対して…罰を与える、というのもあります。

罰として校庭●周、掃除、宿題を増やす…などありがちです。
しかし、罰を与えるのはよくありません。

掃除、宿題…【掃除や宿題=罰】という認識になります。
世の中には清掃業をしていらっしゃる方も存在しています。その配慮も必要ですね。

校庭●周とか100本ノックとか…罰としてやっても身につかないですよね。
罰(敗北・ミス)を避けるようになります。
そして、チャレンジも避けるようになり、無難なプレーしかしなくなります。

負けたことやミスを振り返り、反省、今後の改善が必要なことです。

そして大事なことは、選手だけがプレイヤーではないということ。
指導者、監督、コーチ、マネージャーなどすべてが選手と一体なのです。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。