一人で頑張っているんだけど「ひとり」じゃない | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

一人で頑張っているんだけど「ひとり」じゃない

メンタルコーチング 2021年09月19日

Last Updated on 2021-09-19 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。

コーチングでは脳の働き、脳科学の観点からもお伝えしています。

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

スポーツ(個人競技)、仕事、勉強、資格試験など… 。
『何かを一人で頑張ってやる』っていうことありますよね。

自分が能動的に行動する、という意味では素晴らしいことですね。
自分ひとりで頑張ることはとても重要です。時に紙一重なこともあります。

「誰の力も借りず、自分で勝ち取ったもの」

果たして一人でしょうか?

実は一人じゃなかったりするんですよね。

スポーツで個人競技をしている選手が【大会で優勝した】とします。

「誰の力も借りず、自分で勝ち取ったもの」
果たしてそうでしょうか?

会社員が営業成績を上げた、資格試験に合格したとか。

「これは全部自分が一人で勝ち取ったものだ。誰の力も借りていない」と思いますか?
果たしてそうでしょうか?

個人スポーツだったとしても、所属先があり監督・コーチ・マネージャー・スタッフ・スポンサーそしてファンの人たちもいます。

会社でも上司や部下がいたり同僚がいて、取引先の人がいたりします。

そしてプライベートだと家族・友達・恋人がいたりとか。

何かしら自分に関わってる『誰か』はいると思います。

「自分一人で頑張って取りました」「自分一人で達成しました」「誰かの力を借りていません」っていうのはあり得ないんですよね。

実質的には【自分でやった】かもしれないですが、「実はたくさんの人に支えられているんだよ」っていうことに気づけるとステキですよね。

周囲の人の存在に気づき、感謝するのはとても大事です。

目に見えて身近な人だけではなく、ユニフォームを作ってくれてる人、道具を作ってくれてる人…自分に関わっている人は想像以上に多いんですよね。

自分が大空を飛ぶ鳥になったつもりで、自分の周囲を見てみましょう✨

音声配信はこちら⇓

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこち