スマホが脳に与える影響…おもに3つ | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

スマホが脳に与える影響…おもに3つ

メンタルコーチング 2021年05月02日

Last Updated on 2021-05-02 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。
香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

コロナ禍での在宅勤務や自粛によりお家で過ごす時間が増えましたね。
そのため、PC・スマホを見る時間も大幅に増えているのではないでしょうか。
スマホなどを使うことによって…脳で言うと、【前頭前野】という部分に影響があります。

前頭前野
この脳部位はワーキングメモリー、反応抑制、行動の切り替え、プラニング、推論などの認知・実行機能を担っている。また、高次な情動・動機づけ機能とそれに基づく意思決定過程も担っている。さらに社会的行動、葛藤の解決や報酬に基づく選択など、多様な機能に関係している。

wikiより

長時間のPC・スマホ使用で影響があります。

1,集中力

勉強や仕事をしているときも着信音がすると集中力が途切れますね。
普段からスマホを使う時間が増えていると、「スマホが気になって ついつい手にして集中力が続かない」そんなことはないですか?

2,記憶の定着

PCもスマホもとても便利に情報を検索できます。打ち込んだら1秒もかからずに表示されますよね。
ただ、記憶力の面では劣っているのです。

A.言葉の意味を「辞書」で引く
B.スマホで打ち込んで検索する
AとBでは記憶の定着にどのような影響があるのか調べたデータを見ました。

双方で調べた後、調べた言葉を紙に書いてテストした結果、このような結果だったそうです。
A.辞書引き…回答できた
B.スマホ…全く回答できなかった

このことから、辞書を引く作業のひと手間で記憶に留まるのではないでしょうか。

3,コミュニケーション

在宅や自粛によってリモートでの会議などが増えていますよね。
直接会うことよりも画面越しでの会話・コミュニケーションとなっています。
脳のコミュニケーションを司る部分(前頭前野)が双方で共鳴しあわないようです。
(片方は反応しているが、片方はしていない、など)

対策は?

1,実態の把握する

PC、スマホなどをどのくらいの時間使用しているのか、などを知って現状を知りましょう。

2,オフの時間を作る

仕事の時間は仕方ないですが、その他の時間にPCやスマホを使わない時間を作ることが大事です。

3,睡眠

4,運動

睡眠、運動とも「記憶の定着」「記憶の整理」に重要です。

PC、スマホが脳に与える影響をあげてみました。
私もスマホ時間が長いなぁ…と感じている一人です。
少しずつでも使用時間を減らしていきたいですね。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。