コンビニのパスタを買ったときはフォーク?お箸? | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

コンビニのパスタを買ったときはフォーク?お箸?

メンタルコーチング 2021年04月18日

Last Updated on 2021-04-18 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。
香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

SNSのフォロワーさんのつぶやきからお題をいただいて…。
今日のブログを書いています!ありがとうございます。

そのつぶやきは簡単に言うと…
コンビニでね、パスタを買われたそうなんですね。
そのときに、『お箸』がついてきたそうです。

パスタにお箸?フォークじゃなくて…。私も「うーん」と唸りました。
やっぱりパスタはフォークで食べたいなぁ、と思ったのですよね。

そんなことを考えていて思い出したこと。
以前すごく気の利いた店員さんに
(お箸とフォーク)どっちがいいですか?」って聞かれたことがあったんです。

お箸とフォークを両方入れてくださる店員さんは多くいらっしゃいます。
この以前私が出会った店員さんは一言聞いてくださったんです。感動じゃないですか?!

「気を利かせる」、「機転を利かす」ことができる人というのは、その人の性格的なものかもしれません。
(私は、外国人の店員さんのほうがいろいろ聞いてくれる印象があります…。)

ただ、『目の前の人のことを考える』とか『人を思いやる気持ち』は後からでも養うことができますね。
それができるか、できないか、で印象も変化しますよね。

このように、たとえ一度しか会わない(コンビニの客)としても相手が喜ぶ行動をする、相手のことを慮る能力(敢えて能力といいます)は様々なことに役立ちます。

「細かいことに気がつくメンタル」、「相手を慮るメンタル」…という考え方をすると、この意味がお分かりいただけるのではないかと思います。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。