エビングハウスの忘却曲線には誤解が多く… | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

エビングハウスの忘却曲線には誤解が多く…

メンタルコーチング 2021年01月27日

Last Updated on 2021-03-08 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

超図解ズーミング より画像をお借りしました。

本日お伝えしたいことのまとめ

・エビングハウスの忘却曲線の本来の見方は青線の図
・時間が経過すればするほど(思い出すのに)労力がかかる
・復習、練習、稽古は早めにすると少ない労力で定着する

超図解ズーミング より画像をお借りしました。

学習したことや習得した技術は早めに復習・練習・稽古しましょう。

上の図は「エビングハウスの忘却曲線」。
あー、見たことあるー、って方もいらっしゃるかもしれませんね。

赤線の図のように、
「時間が経てば忘れていく率」を示している、と誤解されがち。

本来は青線の図のように、
「時間が経てば思い出す(完全にする)までの労力はこれだけ必要」という図です。

時間が経てば思い出すのに労力がかかる…

正しい「エビングハウスの忘却曲線」を見てください。

100から節約率を差し引いた%が労力ですので、例えば、20分後の節約率は58%。100-58=42⇛42%の労力で済みます。

これが1日後になると、100-33=66%(の労力が)かかります。

このことからも、復習・練習・稽古は早いうちに始めたほうが良いということです。

また、記憶の定着を100%にするためには、海馬へインプットが必要なのですが…数日ごとに復習するとよいそうですよ。

効果的な復習の仕方は…

本を読んで学んだことを復習する場合…
問題集を解く・ブログにする・人に教えるなど、アウトプットすることで定着します。
スポーツなら…実際にやってみる・試合をしてみる など

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。