それをやるのは『何のため?』『誰のため?』 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

それをやるのは『何のため?』『誰のため?』

メンタルコーチング 2021年06月17日

Last Updated on 2021-06-17 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。
香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

自分のやってること。
例えばスポーツ・勉強・仕事・家事は何のために、誰のためにやっていますか?

「もちろん自分のためです」という答えは間違いではありませんし、とても大事なことです。
しかし自分の仕事にこだわりを持ったり、集中するあまり、『何のために』『誰のために』を忘れがちです。

想像してみてください。

Aさんは列車の運転士。
運転にはたくさんの手順があることを訓練しました。
(仮にその手順を1~10として)

通常運行には1~10のうち、”5”は必要ない”とします。
しかしAさん、1~10を手順通りにしないと気持ちが悪くて心配で不安です。

その必要のない”5”をすることによって10分の遅延が発生するかもしれません。
そんなとき、皆さんならどうしますか?

「それでも自分が思う、本来の手順通り行う…」と答えた方は要注意です。

この行為によって電車に遅延が発生しました。
多くの乗客に影響があり、後続の列車にも影響を及ぼしました。
乗客などから会社にクレームがバンバン寄せられて、上司からも叱られてしまいました。
その結果、Aさんへの会社の評価もガタ落ち。会社の株価も暴落…。
(遅延を取り戻そうと後続の列車が事故を起こす可能性もありますよね…)


この一度だけでなく、何度か運行でこういった判断ミスを重ねた結果…。
Aさんは運転士として相応しくない、と別部署に異動となりました。
子どもの頃からの夢であった運転士。自分の判断ミスで泡になってしまいました。。。。

厳しい結末を迎えた例え話ですが、十分有り得る話だと思います。

このAさんはそもそも何のために、誰のために、列車を運転していたのでしょうか?
乗客ありきの列車ですよね。自分のための列車ではありませんよね。

Aさんのように自分で判断をしなければならない場面に遭遇して、迷ったら…。

【そもそも】を考えてみることをオススメします。
「その仕事は【そもそも】何のため?」
「その仕事は【そもそも】誰のため?」

この【そもそも】思考があれば、Aさんは運転士として活躍されていたでしょう。

この思考はモチベーションを上げるのにも役立ちます。
自分のやっていることが誰かの役に立っている、社会に貢献している…と考えるといかがですか?

また、『判断するのが苦手』という方もいらっしゃいますよね。
そんなときは「どうすれば判断できるようになるのか」を考えていくことが必要です。

一人で考えがまとまらない、広がらない課題は抱えているとモヤモヤして落ち込んできます。
ぜひご相談いただけたら、と思います。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。