【残り時間】の過ごし方 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

【残り時間】の過ごし方

メンタルコーチング 2021年01月24日

Last Updated on 2021-02-26 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

1年間を時間に直すと…8760時間。

その中で睡眠時間は(1日6,7時間とすると)…約2500時間。
スポーツ選手なら練習・稽古、学生さんは通学、仕事などの時間は…約2000時間。

残りの時間は、約4000時間…。

この残りの時間、皆さんはどんな使い方をしていますか?
食事、入浴、移動、趣味、娯楽…。ジムで自主的にトレーニングしたり。

この【残り時間】の使い方って、とても大事です。

【残り時間】、どんな風に過ごしていますか?

スポーツ選手にとって、「残り時間の使い方が試合にも影響されるのでは?」と考えています。
もちろん、スポーツをしていない私達にとっても「残り時間の過ごし方」は
有意義にしたいですよね。

食事…コンビニや外食を控えて自炊する時間に当てる。
移動中…イメトレ・読書・試合相手の分析をする時間に。

【残り時間】で自分のプラスになることを探す
なんとなくやっていることを見直したり、日常生活でも競技に役立つように。

練習・稽古以外の【残り時間】でライバルと差をつけることができたら、
得した気分になりませんか?

練習・稽古以外の時間、【残り時間】で周りと差をつける
競技時間、練習・稽古の時間だけが努力する時間だと思いこんでいませんか?

この盲点とも言える「残りの時間」をどう使えるか、どうしたらプラスに変えられるか、考えてみましょう。

もちろん、プライベートの充実があってこそ、競技に集中できるのは言うまでもありません。

どんな時間の使い方をしたらいいんだろう?
迷っている方・わからない方はご相談くださいね。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。