「自分自身を受け入れる」という意味での【自己肯定感】 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

「自分自身を受け入れる」という意味での【自己肯定感】

メンタルコーチング 2020年09月17日

Last Updated on 2020-09-18 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

私が生きるうえで大切にしていること【自己肯定感】を持つことです。
字のまんまですが、【自分を肯定する感情】です。

私自身、自己肯定感が低く、自分の存在自体が嫌・何をやっても自分が悪い・自分なんていなくていいんだ…そう思っていた時期もありました。


『みんな違って みんないい』金子みすゞ


ダメな自分もいいんだ・できなくてもいいんだ・ちゃんとしてなくてもいいんだ…そう思えるようになって、やっと自分を生きられるようになった気がします。そして、自分を受け入れることができたら、他人にも優しくなれます。(過去の家庭環境から劣等感がデフォルトだった。詳しくはプロフィールを

【自分を肯定する】とは漠然としていますが…自分を受け入れる、ということが前提ですので簡単に言うと、下記のようなものではないでしょうか。
・ありのままの自分でいい
・人と比べなくてもいい
・良いところ・悪いところ・ポジティブなところ・ネガティブなところもあっていい
・生きていていいんだよ・存在していい

【自己肯定感】については、本もたくさん売られていますし、SNSでもしばしば話題になります。
ただ、【自己肯定感】の意味・捉え方は様々です。

上記の青い部分が本来の【自己肯定感】だと考えています。
それ以降の「自尊心」「自己存在感」「自己効力感」「自尊感情」と類似しているため、すべてを含めて【自己肯定感】と一括にされ、そう理解されている方が多くいらっしゃいます。
(広義の意味の「自己肯定感」という意味では間違いではない)

一言に【自己肯定感】と言っても、人によって理解が異なります。
言葉の意味の理解は人それぞれ違っているのです。

今回、あるテーマである方のお話を伺った際に、私の思う【自己肯定感】にずれがあり、詳しく調べてみました。
調べることで「自分が大切にしたいこと」の再確認となり、よい学びの時間となりました!
(これが私に身についてた自己肯定感 笑。
以前の私なら、「そんなん違う!」って一方的にプリプリしてた(汗))

私のコーチングでは、
「自分自身を受け入れる」という意味での【自己肯定感】を大事にしています。
コーチングで自己肯定感を身につける対話もできます。

【自己肯定感】を身につけることができたら、その先の【自己効力感】を目指しましょう。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。