「当たり前が当たり前でない」ことに気づく時代 | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力を最大限引き出します|香川

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

癒しの占星スポーツメンタルコーチ もり か緒里

「当たり前が当たり前でない」ことに気づく時代

メンタルコーチング 2020年09月29日

Last Updated on 2020-09-29 by kaorinco19

香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里 のプロフィールはこちら

「当たり前が当たり前でない」こと、 「普通が普通でない」こと、がコロナの流行以降、たくさんの人が目の当たりにして私達の日常も変化している。

ただそれは、今まで「当たり前」、「普通」と信じて思い込んでいただけのこと。
みんな『気づいていた』『知っていた』はずなんだけど…。

「人は誰にも死が訪れる」、
「病気や事故によって体が不自由になるかもしれない」、
「毎日ご飯を作ってくれたり世話をしてくれる人も愛情があるからしてくれる」、
「いろんなイベントを運営する人がいなと開催できない」ことも知っている。

…ただ、それが突然に、自分の予期しなかった形で訪れるから混乱します。まさか自分が?という気持ち。
そして、その今までの日常がなくなったときに、「当たり前が当たり前でない」、 「普通が普通でない」ことに急に気づく(思い出す)。


私もその「急に気づいた(思い出した)」一人。
だけど、よくよく考えてみると「日常の当たり前や普通」をこれからもずっと続くと思い込んで、”この日常が変わるかもしれないということ”に蓋をしていただけなのかも。って思った。

例えば、TVに出てる人は私達一般人よりも、お金持ちで才能もあって、幸せで…そしてずっとTVにいる、という「思い込み」。
彼らも私達と同じように悩み、悲しみ、寂しさを抱えながらメディアでは笑って私達に楽しませてくれて、時には彼らに癒やされる…。 ということを私達は忘れてしまっているのかもしれない。

いろんな事が起こる日々、悲しいニュースも多くて本当につらい。
そのいろんな事に感謝。「当たり前の」誰かが作ってくれている日常に感謝。

そして、せっかく思い出した「当たり前が当たり前でない」、 「普通が普通でない」を今後も心に留め置き、柔軟に対応できる自分でいられるよう。

時代は変化している…私達は「当たり前・普通」と「思い込んでいた・蓋をしていた」ことに目をそむけられない時代になりました。

今後、自分の人生をどう生きるか…。
流されずしっかり考えていきましょう。その一歩が『自分を整える』ことです。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。