スポーツメンタルコーチ・もり かおり|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり かおり

「年齢に限界」を感じないために

メンタル 2022年02月12日

Last Updated on 2022-03-08 by kaorinco19

皆さんは、自分にどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、「自分の目指すもの」「なりたい自分」になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。

コーチングでは脳の働き、脳科学の観点からもお伝えしています。

プロフィールはこちら

日本では(他の国のことはわかりませんが)、名前と年齢はセットのように扱われています。

TVでも新聞でも雑誌でも。

北京オリンピックの選手紹介のテロップにも「名前(年齢)」の表記があります。

これに対して問題提議されている方も多くいらっしゃいますよね。

「年齢」を表記することで限界を決められているようだ。
「年齢」表記は日本だけなので違和感を感じる。

ただ それも感じ方・捉え方次第です。

人それぞれの考え、意見があると思います。

・限界を決められているようだ、と感じるか

・この年齢でもまだまだ頑張っている人がいる(自分も頑張ろう)と奮起するか

「年齢」表記に問題提議されている方は上記の前者のご意見。
一方で、後者の考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?(私です)

どのように捉えるか、その人のメンタリティなのかもしれませんね。

一つの目線だけでなく
自分にとってポジティブに捉える人になれるのが一番です。

また、人は自分の考えで物事を判断する傾向があります。

この「年齢表記」に関して。

自分が年齢に対して「意識している」「コンプレックス」があるから気になる…とも言えるのではないでしょうか。

(全然気にしていなければ、年齢~~だから…とも思わないのですよね)

人の「学歴」「経歴」を気にする人ほど、自分の「学歴」「経歴」にコンプレックスを持っていると感じています。

物事は捉え方次第でポジティブにもネガティブにもなります。

ネガティブ寄りに考えているな…
どうしたらポジティブ寄りに捉えられるかな…

コーチングで自分自身の捉え方を変えられます。
ぜひご相談もお寄せください。

お読みいただいてありがとうございます。
ーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。

公式LINEあります⇓オトクな情報発信中です✨

友だち追加