「いろんな可能性を想定する」ことで手に入るメンタルとは? | スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力・魅力をメンタル面から最大限引き出します|香川|高松市

スポーツメンタルコーチ・もり か緒里|あなたの能力を最大限引き出す|香川

スポーツメンタルコーチ もり か緒里

「いろんな可能性を想定する」ことで手に入るメンタルとは?

メンタルコーチング 2021年05月11日

Last Updated on 2021-05-11 by kaorinco19

皆さんは、自分はにどんなメンタルが必要だと思われますか?
どんなメンタルがあれば、自分の目指すもの・なりたい自分になれるでしょうか?
コーチングを通してそのお手伝いをさせていだだきます。
香川県高松市
スポーツメンタルコーチ もり か緒里のプロフィールはこちら

スポーツ・仕事でいろいろなことを想定していると、とっさの対応ができます。
また、想定外のことがもし起こった場合に自分の気持ちも落ち着けることができます。

ただ、毎日の練習・稽古・仕事などやることがたくさんあると、そこまで気が回らないですよね。

私が以前勤めていた会社の部署は、会社の株主総会を担当する部署でした。
株主総会の招集通知、参考書類、当日のスライド、社長の話すシナリオ…たくさん準備することがあり、私もその一員として微力ながらお手伝いさせていただきました。

そんなたくさんの準備の中で頭を悩ませるのが【想定問答】を作成することだったんですね。

株主総会当日に株主さんが参加され、質疑応答のときに使用します。
業績のこと、今後の見込みなど想定されるものから、子会社のことや全く関係ないことなども質問されることがあります。それを想定して問答集を作成していきます。
一度作成して終了ではなくて毎年たくさんの想定問答を作るんですよね。

実際、質問されないことのほうが多いですが、準備しておくのと していないのとでは雲泥の差があります。
・会社としての安心感(役員・社員の)、自信
・株主さん(社会)からの信頼・信用
・株主さんへ安心感を与える
・株主さん、社会への貢献  など。

この想定問答、準備はしても実際使われないことがほとんどです。
それにも関わらず作成する、準備しておく、ということはとても大切なことです。

想定外のこと、あり得ないことが起こる可能性は、「0」ではありません。
忙しい毎日ですが、毎日10分だけでも考えてみるといかがでしょうか?

また、それを脳内でシミュレートしてみると実感が伴いますね。
「有事に平常心を持つ」メンタルが手に入るのではないでしょうか。

お読みいただいてありがとうございます。
コーチング受付中です。お申し込み、お問い合わせはこちらまで。